金利・手数料等で比較

カードローンは今や多くの金融機関で扱っているローン商品です。基本的な使い方、使い勝手などはどれも変わりありませんが、その中でも若干の違いはあるものです。カードローンを選ぶ際はそういった違いを見極めて判断することも大切になります。

まず、カードローン選びで大切になるポイントとしては、金利があります。カードローンの金利は高いとはいうものの、それでも金融機関によって若干異なります。利息制限法により金利上限は定められているため、10万円を超える借り入れとなる場合には最大でも年利18.0%となります。

ただ金融機関によっては最大の金利でも14.0%というところもあり、その差は実に4%にもなります。たかが4%と思うかも知れませんが、仮に50万円借りたとすると、利息は1年で2万円も差がつくことになってしまうのです。ですので、同じ条件なら1%でも0.1%でも低い金利を選ぶことが大切でしょう。

ただ、そういった金利、利息のことは多くの方が知っていることでしょうが、それだけを見ていると大きな失敗となってしまうことがあります。それがカードローンをしようするにあたりかかる手数料等です。ほとんどの場合、その金融機関の専用ATMでキャッシング、返済をしていくのであれば、そういった手数料がかからないものです。

ただ、中には近くに専用ATMがないために、提携ATMを利用するという方もいます。特に便利なのがコンビニATMでしょう。それらを利用した場合にはカードローンによって手数料が発生することもあるのです。それは2回あたり108円、216円といった微々たる額ではあるのですが、これがかなり大きくなります。

せっかく金利を低いところを選んでも、そういった手数料がかかるとその負担のほうが大きくなってしまうこともあるのです。ですので、自分がどのように使うのか、よく確かめた上でカードローンを選びましょう。

審査スピードで選ぶ

カードローンは非常に審査スピードが早いのが特徴のひとつです。ただ、確かに目的ローンやフリーローンに比べれば審査スピードは早いのですが、それでもカードローンによって、金融機関によって審査スピードは変わってしまいます。

もちろん、申し込みした方の条件によっても変わってくるものですが、仮に同じ条件で比較しても審査が出るまでの時間には大きな差が出てしまうことがあります。

もし、急いでお金を借りたいという方は、そういった審査スピードで比較してみるのも一つの方法です。審査スピードが早いからといって、審査が厳しいとか、逆にろくに審査をしていない、ということではありません。しっかりとした審査をしていますので、そこでの大きな差はないでしょう。

審査スピードが早いことのメリットとしては一番はやはりすぐに現金を手にすることができるという点にあるでしょう。ただ、それ以外にも、仮に審査で落ちてしまうことになってしまっても、その結果がすぐにわかるようであれば、すぐに別のカードローンに申し込んでみたりという対策もとれます。

これが審査に時間がかかってしまい、しかも審査で落ちてしまうということになってしまえば、他のカードローンに申し込む時間が遅くなり、即日融資ができなくなってしまうこともあります。

一般的に審査スピードが早いのは無人契約機をもつ大手の消費者金融カードローンでしょう。審査時間は最短で30分と謳っていますから、うまくすれば無人契約機に到着してからお金を借りるまでには1時間程度で出来るかもしれません。

知名度・信頼度

カードローン選びのポイントとしては、金利が大きなポイントになることは誰でも知っていることでしょう。誰でもできるだけ金利は低いほうがいいのですから、間違いではありません。ですが、最も重要になるのが実はその金融機関の知名度や信頼度なのです。

とても便利なカードローンなのですが、実は中には闇金やサラ金といった悪徳金融機関があります。そういった悪徳金融では、ブラックOK、即日融資、他の審査が通らなかった方でもOKというような甘い話をもちかけてくるものなのです。

債務整理をした方や体重債務者となっている方は、なかなか銀行カードローンや大手の消費者金融カードローンの審査が通りにくくなってしまいます。そのため、どうしてもお金が必要という場合に、そういった甘い誘惑に騙されてしまうこともあるのです。

もちろん、闇金やサラ金には手を出してはいけないということは誰もが知っていることでしょう。ですが、実際にそれらの悪徳金融に引っかかってしまう方の多くは、手を出してはいけないとわかっているのに、騙されてしまうのです。闇金やサラ金では巧妙な手口を用いてくるので、ついつい利用してしまう方が多いのです。

そういった悪徳金融にひっかからないためには、やはり知名度があり信頼できる金融機関以外からは借りないことです。

消費者金融は悪徳金融ではありませんが、悪徳金融は自らを消費者金融と名乗って融資をもちかけてくるので、消費者金融だから安心ということはないのです。ですので、しっかりと安心できる金融機関なのかを見極めた上で相談しましょう。